毛母細胞が成長することで「髪」になる!

 

毛母細胞毛乳頭のすぐそばに位置していてる、まだ幼い細胞の群れのこと。髪の素(母)となる細胞のことです。

 

血液によって毛乳頭に送り届けられたアミノ酸を中心とした栄養を、髪の毛に作り変える、毛髪の製造工場に当たる細胞です。

 

簡単にいうと、この「毛母細胞」が細胞分裂を繰り返すことによって、直接髪の毛本体や、その周りを囲む「毛包」になっていきます。

 

下から上に押し上げられながら、水分を失って毛に変わる「角化」という変化をしていきます。

 

また同時に、毛の色をつくる色素細胞(メラノサイト)が作ったメラニン色素を取り込みながら角化をしていくことで、髪の毛に色がついていきます。

 

関連記事:
⇒毛母細胞の復元、再生などが期待できるアセチルテトラペプチド3(キャピキシルの一部)
⇒毛母細胞の生成を間接的にするオクタペプチド-2

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

おすすめと比較

ハゲ克服!黄金の組み合わせ

育毛剤(外用)

キャピキシル、ピディオキシジルは育毛剤最高峰。育毛に励む育毛ブログの管理人たちの間でも評判の育毛剤です。

≫フィンジアの詳細解説

≫フィンジア使ってみた!

育毛剤(内服)

フィナロ

なくてはならない基本の内服薬でプロペシアのジェネリック。プロペシアからの乗換えで節約できています。

≫フィナロの詳細解説

育毛シャンプー

人気の育毛剤ブランドが販売する低刺激育毛シャンプー。女性ウケの良い香りもGoodです。

≫チャップアップシャンプーの詳細解説

≫チャップアップシャンプー使ってみた!

育毛サプリ

ボストンサプリ

栄養の量・豊富さで断トツ。おそらく業界でNo.1の人気育毛サプリです。

≫BOSTON(ボストン)サプリの詳細解説

≫BOSTON(ボストン)サプリ使ってみた!


日本で買えない育毛剤を買うなら

プロペシア、ロゲインなど、日本で買えない育毛剤は「個人輸入」と言う方法で通販のように買うことができます

世界で多く出回る「ニセモノ」を買わないために、日本で信頼のある有名店が「オオサカ堂」です。

他のお店で安値を見つけたら価格交渉ができ、最安値で買うことも可能です。